• ホーム
  • アフターピルによる避妊失敗のリスクを回避するには

アフターピルによる避妊失敗のリスクを回避するには

2020年01月28日

緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルは、低用量ピルのようにホルモンを調整して緩やかに妊娠を防ぐ薬と違い、短時間で強制的に妊娠を回避することを目的として開発された薬です。
成功率も高く、ほとんどの場合はこの薬を服用すれば望まない妊娠を避けることができます。
ただし世の中に万能薬が存在しないように、精度の高いアフターピルを用いても、まれに避妊に失敗することがあります。
少しでも避妊失敗のリスクを下げるためには、まず失敗の原因となるものを知っておくことが重要です。

アフターピルを用いても妊娠してしまう原因はいくつかあります。
まずは単純な薬の飲み忘れです。
アフターピルの中には2回に分けて服用するタイプのものがあり、このタイプのものは最初に服用してから12時間後に再び服用する必要がありますが、この2回目の服用を忘れる、あるいは12時間という時間を大幅に超えてしまってから服用する場合には、避妊率も低下して妊娠のリスクが高まってしまうのです。

またおう吐により有効成分が体外に排出されてしまった場合も、避妊に失敗する可能性が高まります。
アフターピルには副作用もあり、人によっては服用後に気分が悪くなっておう吐してしまうこともあるのです。
特に服用後2時間以内におう吐してしまった場合は、薬の成分が十分に体内に吸収されていない可能性があります。

このほかにも性交渉後72時間というタイムリミット内に服用しなかった場合や、以前の性交渉ですでに着床してしまっている場合にはアフターピルの効果を期待することはできません。
望まない妊娠は女性の身体にとっても人生にとっても大きなリスクとなります。
アフターピルの効果を最大限に活かすためには、なによりも正しい服用方法を遵守することが大切です。

関連記事
アフターピルによる避妊の確率は?

アフターピルとは、性行為で避妊に失敗した場合に用いる、妊娠回避のための緊急避妊薬です。薬によって排卵・受精・精子の子宮への着床を防ぎ、妊娠を防ぐというものです。一般的に避妊をしなかった場合、排卵日前後に女性が妊娠する確率は15%と言われており、アフターピルの使用によってこの確率をより低くすることが可

2019年12月22日
アフターピルをネット経由で入手する際の危険性

アフターピルは、全ての女性にとって非常に役立つ医薬品です。避妊手段として高い効果を発揮するコンドーム、いわゆるゴムですが、男性の中にはその装着を嫌う方や性行為の最中に勝手に取り外す方々が少なくありません。男性の本音としては快楽がゴムによって低下するという事情があり、コンドームの装着を本気で嫌がる人々

2019年11月14日
ネット通販ならアフターピルが安い価格で購入できます

アフターピルとは、緊急避妊ピルやモーニングアフターピルと呼ばれている緊急避妊薬となります。緊急避妊薬として有名なのが「アイピル」です。緊急の名前で表わされているように望まない妊娠について、ピルを服用することで緊急的に防止を行うもので、日常的に服用を行うピルとは作用が異なるものとなります。アフターピル

2019年09月18日
アフターピルの処方と飲む時間について

アフターピルは緊急避妊薬の総称です。性行為や性犯罪により望まない妊娠の可能性が発生した場合に、その妊娠の可能性を回避するために行うことが出来る最適な対策として知られている飲み薬による避妊の方法です。このアフターピルは妊娠の可能性がある性行為の後、遅くとも72時間以内に服用することで効果が発揮されると

2019年10月18日
アフターピルによる避妊の成功率について

アフターピルとは、性行為時に避妊に失敗したときや避妊できなかった時に服用する女性ホルモン剤です。服用することにより排卵を遅らせたり子宮内膜への着床を阻害することが可能となります。アフターピルは、中絶薬のような妊娠を継続できないようにする薬ではなく妊娠を予防する薬となります。そのため、服用は性行為後早

2019年10月03日
婦人科で処方されるアフターピルの料金は

通常の避妊用ピルとは異なるのが、このアフターピルになります。聞き慣れな名前ですが、文字通りアフターピルは緊急避妊薬になります。避妊に、失敗したと感じたらまずは婦人科へいくのが肝心です。アフターピルの存在が、今はあるので望まない妊娠を防ぐことができます。そのために、婦人科にいき、医師の診察と処方が必要

2019年08月29日
アフターピルの使用方法と注意点について

アフターピルは、排卵を遅らせたり、子宮内膜へ受精卵が着床することを防ぐことで避妊効果が得られるホルモン剤です。卵巣から作り出される黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類のホルモンを科学的に合成している薬です。コンドームを使用していても破損してしまった場合など避妊に失敗した時に、望まない妊娠を避けるために

2019年08月12日
アフターピルによる副作用とは

アフターピルは、体内のホルモンバランスを月経前や妊娠中に近い状態へと変化させて避妊効果を高めるもので、性行為後72時間以内に服用する必要があります。強制的に妊娠中と同じホルモンバランスにするため、副作用が起こることも多いようです。アフターピルの服用で起こる副作用としては、吐き気や嘔吐、頭痛、倦怠感、

2019年08月01日